賃貸物件探しのポイント|お部屋選びで失敗しないためにチェックすべきこととは

賃貸物件探しのポイント

毎日の暮らしのことですから、賃貸物件選びの際には慎重に自分に合った物件を見つけたいところです。

しかしその際に、重視すべきポイントがわからないという人は多いでしょう。物件を探すときは内見にも行くことが多いですが、その内見のときのチェックポイントもあらかじめ把握しておくと良いでしょう。

そこで今回は、賃貸物件の探し方のポイントや、内見の

際に見ておくべきチェックポイントを解説していきます。

賃貸物件の探し方のポイント

賃貸物件を探すときにまず考えるべきは、インターネットで探すか、不動産会社を訪ねるかという点です。 ここではそれぞれの探し方について、メリット・デメリットを考えてみましょう。自分に合った探し方で気持ちよく物件選びができるよう、まずは探し方から選んでいくことは大切です。

インターネットで探す

インターネットで物件を探す場合には、以下のようなメリットに期待ができます。

  • 地域のだいたいの相場がわかる
  • 家で調べられるので、肉体的に疲れないこと

一気に自分でいろいろな物件が見られるのは、まさにインターネットならではの良さです。それが相場を把握することにもつながります。しかしインターネットを探すことには、デメリットもあります。 以下のようなデメリットには注意しましょう。

  • インターネットには既にない物件や入居が完了してしまっている物件も掲載されている
  • 物件の写真画像だけでは実情はわからない

インターネットを使った探し方では、物件の様子を写真でしか見ることができません。また、情報が反映されるのが遅ければ、希望の物件には既に入居者がいることも少なくありません。このため、インターネットを探す方法は、最初の段階としてどんな物件があるのか様子見をする場合に適していると言えます。

不動産会社で探す

インターネットで探すのに対して、不動産会社で探す場合には以下のようなメリットがあります。

  • Web上で紹介されていない掘り出し物の物件が見つけられることもある
  • 実際に内覧に行くことができるので、イメージとズレが生じることがない

不動産会社の窓口でしか案内してもらえない物件の情報をつかめるのはうれしいメリットです。内覧に行けるのも、イメージとのズレを防ぐうえでは大事なことです。

これに対してデメリットとしては以下のようなことがあります。

  • 肉体的に疲れる
  • 時間の制約がある場合は難しい

自分で動き回るからこそ、不動産会社で物件を決めるのは意外と疲れます。また、時間に限りもありますので、ゆっくり選べないこともあるのはデメリットとなります。

以上をまとめると、インターネットで相場などを下調べした上で、最終的には不動産会社を訪ねることが、後悔しない物件選びをするうえで必要なことと言えるでしょう。

賃貸物件の選び方のポイント

では実際に物件を選ぶときには、どのようなポイントを重視していくべきなのでしょうか。入居してから「こういう部分をもっと重視して選べば良かった」と後悔するパターンは意外と多いものです。物件選びで嫌な思いをしないよう、自分に合った物件がわかるポイントはあらかじめ把握しておきたいところです。

以下で、物件選びの際に大事にすべきポイントを解説していきます。

予算内の家賃・諸経費であるか

一番重要となるポイントは、やはりお金の面です。予算内の家賃、諸経費であるかどうかはしっかりチェックしたうえで、その予算から外れない物件を選ぶことは、大前提となります。

収入に応じた適正の家賃は、手取りの月収の3分の1ほどです。これを超えると家計を圧迫するため、月収の4分の1~3分の1ほどの予算で物件を探すと良いでしょう。 例えば手取りの月収が20万円なら、5万円~6万6,000円が適正家賃となります。

立地条件が良いか

立地条件も大事なポイントです。

  • 駅から近いか
  • 通学・通勤しやすいか
  • 最寄り駅の路線
  • 周辺に商業公共施設はあるか
  • 騒音の原因となるものはないか

以上のようなポイントはしっかりチェックしておきたいところです。

女性の一人暮らしの場合は、なるべく駅から近く、夜でも多少のにぎわいがある方が安心です。駅からしばらく歩く物件で、家までの夜道が暗いと、安全面で不安要素が残ります。

希望通りの間取りであるか

間取りもよく調べておきましょう。バストイレ別か、それともユニットバスか、収納スペースは十分にあるか、部屋の数は希望通りかなど、間取りでこだわるべきポイントもたくさんあるでしょう。

物件によっては、収納スペースがほとんどないところもあります。洗濯機の置き場所に不満が残るところもあるでしょう。間取りをしっかりチェックして、快適に暮らせそうかどうかを判断してください。

ゴミ捨て場などの共有スペース

物件選びの際は、部屋だけでなく、共有スペースについても注意を払いましょう。

ゴミ捨て場などの共有スペースが使いやすくなっているか、光ファイバーのインターネット環境はあるかなどのポイントも大事です。仕事の都合などから、なかなか収集日にゴミ出しができない人は、いつでもゴミ出し可能なゴミステーションが完備されているととても便利です。

プライバシーの関係から、集合ポストが嫌な人などもいるでしょう。そういった共有スペースの環境についても事前に調べておくことは大切です。

賃貸物件を内見するときのチェックポイント

では次に、賃貸物件を内見するときに、しっかり見ておくべきチェックポイントを整理していきましょう。

内見は、希望した物件を不動産会社の案内で実際に見ることができるチャンスです。この機会を活かして、本当にイメージ通りの物件かどうか、くまなくチェックしておきましょう。

物件の周辺環境のチェックリスト

物件の周辺環境は、内見のときには実際によく見ておくべきです。

  • 近くに飲食店があるか
  • 不良のたまり場となりそうな公園やコンビニがないか
  • 女性の場合は、駅からの道で危険そうな箇所がないか
  • 交通量が多すぎて窓があげられないといったことがないか
  • 学校などの騒がしい場所が近くにないか

以上のような周辺環境は、内見に向かう前からチェックしておきましょう。 不良のたまり場となるような場所があれば、周辺の治安はあまり良いとは言えません。トラブルのもとになる可能性があるため注意が必要です。夜道が危ないことも同様です。また、周りの交通量が多すぎる物件にも気をつけたいところです。排気ガスが原因で窓が開けられない、洗濯物が干せないなどのデメリットが生じる可能性があります。

物件の建物のチェックリスト

物件を実際に見るときは、以下のような項目を一つ一つ忘れずにチェックしておきましょう。

  • 廊下や玄関はきれいか
  • 部屋の配置は見取り図と同じになっているか
  • 扉や窓が開け閉めできるか
  • シャワーの水圧は十分か
  • 築年数が古すぎないか

気をつけたいのは、物件によってたまに見取り図と配置が違うことがあるということです。自分で確認し、想定していた通りかどうかを見ておきましょう。また、意外とチェックしておくべきこととして、シャワーの水圧があります。新しそうなシャワーヘッドなら安心は持てますが、古いものだとシャワーの水圧が弱い可能性があります。不動産会社の担当者にはよく確認しておきましょう。

内見時に有ると便利な持ち物

内見のときには、以下のようなものを持って行くととても便利です。

  • メジャー
  • 方位磁石
  • 水平器
  • カメラ
  • 懐中電灯
  • メモ帳
  • 筆記用具

メジャーは家具やカーテンなどのサイズを測るうえで非常に大事なアイテムとなります。内見のときに持って行き、あらかじめ窓や壁のサイズを測っておきましょう。 特に大事にしておきたいのは、カメラです。スマホのカメラ機能でも問題ありません。一日の中で複数件内見に行くことも多いでしょうから、そんなときは一つ一つの物件を忘れないためにも内見時の状態をカメラに収めておくと良いでしょう。

お部屋探しはいつからすべきか

ネットでの物件探しでは2か月ほど前を目安に始めると良いでしょう。どのような物件に住みたいのかなどの候補を自分なりに見つけておくことです。そして実際に不動産会社に行くのは、1か月半~1か月前ほどの時期がおすすめです。

1~3月は引っ越しが多いため、空室も出やすいのが特徴的です。物件を探すなら最適の時期とも言えますが、条件の良い物件はすぐに埋まってしまうため、決断するタイミングを間違えないようにしましょう。

ちなみに費用を抑えたいなら、4月~8月の時期がおすすめです。閑散期になるがゆえ、引っ越し費用も安くなりますし、家賃や敷金礼金の交渉もしやすくなります。

まとめ

物件探しは、自分がどんな部屋に住みたいか、逆にどんな部屋だったらストレスが溜まるかなどを理解したうえで、重視すべきポイントを決めていく必要があります。内見の際にも、チェックすべき項目はあらかじめ整理しておきましょう。後悔しない物件の選びを進め、自分にぴったり合う部屋探しをしていきましょう。