賃貸物件契約の入居審査基準の内容|落ちる人と通る人の違いとは

賃貸物件契約の入居審査基準の内容

入居審査について、具体的にどんなことを審査されるのか、詳しいことを知らない人は多いのではないでしょうか。

時には残念ながら審査に落ちてしまうこともありますので、新しくマンション・アパートを借りる際には、入居審査について詳細を知っておきたいものです。 今回は、賃貸物件契約の際に行われる入居審査について、審査の内容や、審査に落ちる人と通る人の違いなどを解説していきます。

賃貸物件契約の入居審査とは

賃貸物件を契約する際には、基本的に契約の前に「入居審査」が行われます。その物件に入居して問題ない人なのかどうか、一般的には大家さんが判断を下します。物件によっては不動産会社が審査を行うこともあります。入居審査に通れば晴れて物件の契約をすることができますが、審査に落ちてしまえば、残念ながら物件を契約することは叶わなくなるため注意が必要です。

賃貸の入居審査にかかる期間の日数

入居審査には、ある程度時間がかかることが多いです。即日で審査が済むことは基本的にありません。 一般的には3日~1週間前後かかることが多く、その期間の中では以下のような流れで審査が進んでいきます。

  1. 不動産会社が準備した必要書類を大家さんに渡す
  2. 関係各所に必要書類の確認連絡を行う
  3. 本審査を行い、結果を不動産会社に渡す

入居審査の際に書類不備があった際は、審査完了までに1週間以上の時間を要することもあります。

賃貸の入居審査に必要なもの

Businessman Signing An Official Document

賃貸物件契約の入居審査の際には、審査を受けるために必要な書類と、伝えなければいけない情報があります。以下からは、必要書類と情報について、それぞれ詳細を解説していきます。 書類不備や情報に誤りがあると、審査はスムーズに進まなくなるため、必要なことはあらかじめ確認しておきましょう。

賃貸の入居審査に必要な書類

賃貸物件の入居審査の際には、以下の3つの書類が必要になります。

  • 入居の申込書類
  • 身分証明書
  • 収入証明書のコピー

身分証明書は、当然ながら身元がしっかりしている人なのかどうかを確かめるためです。入居の申込用紙に記入した現住所と身分証明書の住所に相違があるなどの問題点があると、身元について疑惑が生まれてしまいます。

収入証明書のコピーが必要なのは、家賃を滞納せず払っていける人なのかどうか確認するためです。具体的には、源泉徴収票、課税証明書などが主に求められます。ちなみに社会人1年目などの場合は源泉徴収票も手元にありませんので、給与明細のコピーなどが代わりに求められる場合が多いです。

賃貸の入居審査に必要な申し込み情報

賃貸物件の入居審査の際には、主に以下の情報が必要になります。

  • 契約者:住所・氏名・連絡先・勤務先
  • 連帯保証人:氏名・連絡先

学生の場合は、学校名なども必要になります。アルバイトをしている学生は、念のためアルバイト先の情報を求められる可能性もあります。これらの情報は不備なく申込用紙に記入することが大事です。書類不備があれば、それだけで審査はいったん最初からやり直しになってしまうからです。また、明らかに不自然な部分があれば、審査に落ちる原因になる場合もあります。

賃貸物件契約の入居審査基準の内容

賃貸物件の入居審査基準の内容は、特定の条件が定められているわけではありません。あくまで大家さんや不動産会社の判断によるため、ケースバイケースというのが実情です。 ただ、ある程度、審査の際に重視される点に傾向は見られます。賃貸物件契約において、安定収入のある人と契約することは大家さんにとって大事なポイントになりますから、支払い能力の高さ・低さは審査に大きく影響すると言って良いでしょう。それを裏付ける職業も同じです。また、人柄なども重視されることは意外と多いです。

入居審査で落ちる人と通る人の違いとは

残念ながら、結果的に入居審査に落ちてしまう人も中にはいます。大家さんや不動産会社としては、信頼性に問題のある人とは当然契約を結びたくないでしょうから、不安要素の多い人は入居審査には落ちやすいです。

逆に公務員で安定収入があるなど、不安要素の少ない人は審査に通りやすいと言って良いでしょう。 では実際に、入居審査に落ちる具体的な理由から、落ちる人と通る人の違いを解説していきます。

入居審査に落ちる理由

入居審査に落ちるのには、以下の4つのような理由が関係している場合が多いです。入居審査の際に不安が大きい人は、自分は大丈夫かどうか、まずは落ちる理由を整理しておきましょう。審査に落ちる人は、やはりもっともらしい理由が関係している場合が多いです。

家賃の支払い能力の問題

大家さんにとって、家賃を滞納されることは最も避けたいことです。当然ながら、支払い能力に問題のある人は入居審査には通りにくいです。これは入居審査に通るうえで最重要ポイントと言っても良いでしょう。

定職に就いているか、学生であれば親の定収入はあるかなどが関係してきます。公務員や大手企業の会社員は職業的に審査には通りやすいでしょう。これに対して、自営業やフリーランスなどは安定性に欠けるため、入居審査には通りづらい場合があります。

他の入居者とトラブルになる可能性の問題

トラブルの多そうな人は、入居を断られる場合が多いです。他の入居者とトラブルになると、物件そのものの治安が悪くなり、現在入居している人が引っ越ししていってしまいます。過去に問題を起こしている人、ご近所トラブルで近隣の人ともめたことがある人などは、普段の素行に問題があるため、入居審査に落ちる場合があります。

入居申し込み時の態度などの印象

実は入居申し込みの際の態度なども、入居審査には影響してきます。態度が横柄な人、一般的なマナーや社会常識がなっていない人は、トラブルを起こしやすい人と見られる可能性があります。

ため口で話してきたり、派手な服装で軽そうな印象を与えてきたりする人は、それだけで大家さんが入居を断ることは意外と少なくありません。威圧的な態度、汚い言葉遣いには要注意です。

連帯保証人が親族ではない場合

一般的には、連帯保証人は親族にお願いする人がほとんどです。しかし人によっては、友人やかなり遠縁の親戚にしているなど、珍しいパターンもあります。

この連帯保証人の不自然さが、不信感を抱かれる要素につながる場合もあるでしょう。多くの人が親族に設定するはずの連帯保証人が友人になっていると、「訳ありの人なのかもしれない」というイメージにつながるからです。友人が連帯保証人になっていると家賃に困った時に助けてくれる相手なのかどうか、いまいち安心感に欠けるものです。

入居審査に通るためのコツ

入居審査をクリアするためには、以下のような5つのコツを心がけると良いでしょう。

  1. 清潔感のある身だしなみ
  2. 綺麗な言葉遣い
  3. 家賃が年収の36分の1
  4. 収入の安定している親族に連帯保証人になってもらう
  5. 過去の滞納歴は隠さない

人柄や態度は入居審査に意外と大きく影響します。トラブルを起こさず入居してくれる人かどうかが大家さんや不動産会社にわかりやすく伝わるからです。言葉遣い、身だしなみはしっかり整えたうえで入居の申し込みをしましょう。

また、入居審査の際に重視される支払い能力の問題は、どうしても看過できません。定職に就いたうえで入居申し込みをするのはもちろんのこと、連帯保証人は安定収入のある親族を選ぶことも大切です。 その人の収入に見合った家賃は、年収の36分の1(月収の3分の1)と言われています。適正な家賃の物件で契約することも大事なことでしょう。また、過去に滞納歴のある人は、その事実は隠さず伝えた方が良いでしょう。その方が結果的に「正直で信頼できる」という印象を持ってもらえてプラスに働く可能性があるからです。

まとめ

マンションやアパートに入居する際には、大家さんや不動産会社の行う入居審査をクリアしなければいけません。入居審査で主に見られる点は支払い能力や人柄なので、入居申し込みの際に、安定収入があること、そして丁寧な対応を心がけることはとても大事なことです。書類不備などもないように気をつけながら、入居審査に落ちないよう、重要なポイントはあらかじめ理解しておきましょう。