賃貸契約の初期費用の相場を解説|費用を少しでも抑える方法とは

賃貸契約の初期費用の相場を解説

賃貸契約をする際に、一体いくらお金がかかるのだろうと疑問に思ったことはありませんか?新生活に伴う準備には、予想もしていなかった費用がかかることもあり、貯金額で賄えるか不安に感じる方もいることでしょう。 そこで、賃貸契約の初期費用の相場を解説していくとともに、少しでも安く費用を抑えるコツについてご紹介していきます。

賃貸契約や引越しにかかる初期費用の相場

新生活を始めるに当たって、敷金・礼金・仲介手数料など、入居時にかかる初期費用は、だいたい家賃の5~6か月分と言われています。また、初期費用の中でも、必ず必要になってくるものから、支払いが不要になるものもあるので、契約前にはしっかり確認しておくようにしてください。

それでは、初期費用の内訳について細かく確認していきましょう。

一般的にかかることが多い費用

賃貸の初期費用として、一般的にかかってくるのは以下の六つです。

  • 敷金
  • 礼金
  • 日割り家賃
  • 前家賃
  • 仲介手数料
  • 火災保険料

これらはほとんどの物件においてかかる場合が多いので、予め金額をしっかり把握して、まとまったお金を用意しておく必要があります。

敷金

賃貸物件を契約する際に、保証金として預けるお金が必要となり、これを敷金と言います。

この敷金が使われるのは退去の時です。賃貸契約をした人は、退去時に室内を原状復帰の状態にしておく義務があるので、これを行うための修繕費やクリーニング代として使われます。敷金は、家賃の1か月分程度であることが多く、関西方面では「保証金」として呼ばれることがあります。

礼金

慣習的な意味合いが強い費用で、賃貸を経営する大家さんにお礼の意味を込めて支払うお金を礼金と言います。こちらも敷金同様、家賃1か月分程度であることが多いですが、地域によって金額に差があることが多いです。また、退去時に返還はされず、近年では礼金がかからない物件も増えてきています。関西方面では「敷引」と呼ばれることがあります。

日割り家賃

賃貸契約を月の途中から行う方も多いのではないでしょうか。

そういった時は、契約月の家賃を日数で割った日割り家賃が適応されるようになるので、計算式を覚えておくと便利です。日割り家賃の計算方法は「家賃÷月の日数×入居日数」です。入居日が決まったら、早速計算してみるようにしましょう。

前家賃

入居月の家賃を前払いで支払うことを、前家賃と言います。

4月中に賃貸契約を行い、入居は5月からという場合は4月分の家賃を前もって支払うということになります。

前家賃は、家賃の1か月分が目安となっており、翌月分の家賃の前納と思っておくと理解しやすいでしょう。

仲介手数料

不動産会社に、物件案内や契約手続きを行うなど、物件の仲介を行ってくれた会社に対して支払う費用が仲介手数料となります。こちらは、法律で上限が家賃の1か月分と定められており、目安としては家賃0.5か月分~1か月分+消費税としているところが多いです。

火災保険料

賃貸における火災・水漏れなどのトラブルに備えるために火災保険の加入は必須です。損害保険会社は不動産会社から紹介を受けたところにするか、個人で選ぶこともできます。ただ個人で選択した際は、加入証明を求められることがあります。火災保険料の相場は、一人暮らしの場合は8,000円~9,000円程度で、通常2年契約が基本となっています。

必要になる場合がある費用

上記で説明した費用以外にも、以下のようなものが必要になる場合があります。

  • 鍵交換費用
  • 保証会社サービス料
  • 家具・家電

これらがかかるかどうかによっても、初期費用の相場は変わってくるので確認しておきましょう。

鍵交換費用

賃貸において必要となる可能性がある費用として鍵交換費用があります。

入居時に、部屋の鍵を新品に交換するためにかかる費用を鍵交換費用と言います。相場としては10,000円~20,000円のところが多く、賃主と借主のどちらが負担するか決まっているため、契約の際にはよく確認するようにしてください。鍵交換を行わないという選択もできますが、防犯面の観点からは交換した方が安心です。基本的に、鍵交換費用はかかるものと考えておきましょう。

保証会社サービス料

賃貸において家賃の支払いが滞ってしまう可能性があること大家にとってリスクだと言えます。

このように万が一、家賃の支払いができなくなってしまった場合に備えて保証料の支払いも必要となってきます。

最近では連帯保証人を必要としない不動産会社も多く、そういった場合は代わりに保証会社への加入が条件となります。費用相場は家賃+共益費0.5か月が目安となっており、基本的に戻ってこない費用となります。

家具・家電

一人暮らしで、最低限の家具・家電を一通り新しく揃えた際の目安は以下の通りです。

  • 寝具:10,000円~20,000円
  • ローテーブル:5,000円~10,000円
  • カーテン:5,000円~20,000円
  • 照明器具:3,000円~10,000円
  • 冷蔵庫:20,000~40,000円
  • 電子レンジ:10,000円
  • 洗濯機:30,000~40,000円

これらを合計すると、120,000円~180,000円程度はかかることになります。

抑えることができる費用

ただでさえお金がかかる賃貸契約の際には、初期費用をできるだけ抑えて引越しできるようにしたいものです。

そこでここでは、選んだ物件や、引越しする際の状況によっては必要とならない費用についてご紹介していきます。

引越し費用

引越し業者を手配するのではなく、できるだけレンタカー等を使って自分で行うことで費用は抑えられるようになります。また、エレベーターのない2階以上の物件の場合は引越し費用が割り増しになるケースが多いのでこの点は注意しておきたいところです。

敷金・礼金

最近では、敷金・礼金のかからないゼロ物件というものも登場しています。ですが、敷金は退去時の原状回復として必要となるケースが多く、初期費用として支払わなかったとしても退去時に修繕費用として請求されることがあります。そのため、敷金よりは、礼金がかからない物件を探すことから始めてみるのが費用を安く抑えるコツとなるでしょう。

仲介手数料

不動産会社が自社所有物件を賃貸として経営している場合は、入居者と賃主は直接契約となるので仲介手数料は発生しません。また、部屋を貸し出す大家さんからしてみれば、空室のままよりは入居者がいた方がメリットになると考えることがほとんどです。そのため、仲介手数料を半額負担もしくは全額負担して、借主の負担を軽減させているという物件もあります。

鍵交換費用

一般的に、鍵交換費用は初期費用に含まれている場合が多いです。鍵交換費用を抑えるために、自分で行いたいと考える方や、より防犯性の高い鍵に変更したいと思っている方は、必ず大家さんにその旨を相談してから行うようにしてください。

保証会社サービス料

連帯保証人がいることで、保証会社を利用しなくてもいい場合があります。ただ、大家さんや不動産会社が必ず保証会社の利用を求めている場合もあるのでその点はよく確認しておきましょう。不動産会社によっては、複数から保証会社を選べたり、プランを検討できたりするケースもあるので、より安いプランを探してみるのも費用を抑えるコツとなります。

初期費用シミュレーション

具体的な初期費用の内訳が分かると、資金の準備がしやすくなります。

そこで、首都圏での一人暮らしの相場を目安としたシミュレーションを表にしたのでご参考にしてください。

敷金67,000円
礼金67,000円
日割り家賃最大 67,000円
前家賃67,000円
仲介手数料72,360円
火災保険料15,000円
鍵交換費用15,000円
保証会社サービス料35,000円
家具・家電150,000円
引越し費用30,000円
合計585,360円

日割り家賃は1か月分が最大額となるので、入居時のタイミングを計ることも初期費用を抑えるコツとなります。

初期費用を少しでも安くする方法

今後の新生活にお金がかかってくることを考えると、賃貸に関わる初期費用は少しでも抑えておきたいところです。 工夫次第では、初期費用は安くすることが可能なので、その具体的な方法について確認していきましょう。

フリーレントを利用する

入居後1~3か月程度の家賃を無料とする契約をフリーレントと言い、利用することで初期費用にかかるお金をかなり抑えることができます。ただし、契約条件によっては、初期費用として翌々月分の前家賃支払いが義務付けられているものや、日割り家賃分のみフリーレント適用という場合もあるので、利用する際にはしっかりと確認しておきましょう。

敷金・礼金・仲介手数料などを抑える

敷金においては、退去時に戻ってくるケースもあります。その一方で敷金ゼロとしていても、保証金・クリーニング代といった別途項目にて結局請求されてしまうこともあります。そのため、敷金に関しては極端に抑えようとしない方がベターです。一方、礼金は慣習に基づく意味合いが強いため、大家さんとの交渉次第ではかなり抑えることも可能となります。また、不動産会社と直接契約を結べる物件を探すことで、仲介手数料をかけずに済みます。

火災保険料を安くする

火災保険は不動産会社より紹介されたところで加入するというケースが多いと思いますが、相場より高すぎないか一度補償内容を確認することが重要です。一人暮らしの場合は家財が少ないこともあり、保証額の平均は200万円台で十分なこともあります。また、火災保険料の目安としては年間9,000円程度となっています。
これより多くかけている場合は、一度見直しをしてみましょう。

初期費用を分割払いにする

高額になりがちな初期費用の一部、もしくは全額をクレジットカード払いにすることで、分割払いが適用可能になります。そうすることで、ポイントやマイレージが貯められるようになるので還元率としては魅力的でしょう。

また、手持ちの現金や貯蓄を一気に使ってしまうという不安も軽減させることができます。しかし、不動産会社によってはカード払い対応不可のところもあること、分割払いにする際は金利が発生することには注意しておきましょう。

値下げ交渉をする

初期費用の中で値下げ交渉しやすいのが仲介手数料です。

「〇〇円であれば、今すぐ契約することができる。」と、こちらから交渉してみることで応じてもらえることもあります。 ですが、不動産会社によっては、値切るお客さんへの契約よりも正規の価格で契約してくれるお客さんの方へ優先して貸すというケースもあるため、無茶な値下げ交渉は気をつけた方がよいでしょう。

家具・家電付きの物件に住む

期間が決まっている単身赴任等の場合は、家具・家電付きの物件に住むことで、初期費用を抑えることができます。しかし、家賃自体が割高に設定されている物件も多く、自分好みのものを選べないというデメリットもあるので、長期的に借りる予定の場合はよく考えてから決めるようにしましょう。

引越し費用を抑える

一度WEB見積もり等で確認しておくと、より安い業者を選ぶことができます。また引越しシーズンを避けることで費用を抑えられるようにもなります。ほかにも、業者に頼むのではなく、友人や家族に協力してもらって引越しを済ませるといった方法も検討してみましょう。

家賃を見直す

家賃が高ければそれだけ初期費用も高くなってきます。自分の現在の収入に対して、高すぎる物件ではないか、今後滞納することなく支払い続けられるかは一度よく検討してみましょう。安くても住み心地の良い物件を探すのも一つの手です。

アパート・マンションの退去費用の相場

現在アパートやマンションに住んでおり、そこから引越しをするという場合には退去時の費用がかかることになってきます。退去費用とは基本的にクリーニング代と原状回復代のことを指します。敷金を入居時に支払っている場合は、ここから退去費用が差し引かれ、残りが返金されるというかたちになります。ただし、部屋の使用状況によっては不足分を支払うケースもあるので要注意です。

また、敷金ゼロの物件の場合は、退去費用にかかった金額が請求されることになります。退去費用の相場は、ワンルームだと70,000円程度、1LDKだと130,000円程度かかることが多いようです。一般的には、部屋数が多いほど修繕費用代は多くかかるといわれています。

まとめ

賃貸契約の際には何かと初期費用がかかってしまいますが、今回ご紹介したように工夫次第では金額を抑えることも可能です。抑えられる部分、支払うべき部分の判断をしっかりして、気持ちよく新生活をスタートさせていきましょう。