手取りに対する家賃の割合目安|1人暮らし・2人暮らしの目安と生活シミュレーション

手取りに対する家賃の割合目安

収入に対しての理想的な家賃とは、いったいどの程度の額なのでしょうか。家賃は生活していくためには欠かせないものですが、大きな出費なので悩まされることも多いですよね。そこで、この記事では理想的な家賃や具体的なシミュレーションについてまとめました。現在の手取りや支払っている家賃などと照らし合わせながら、自分の家賃と収入のバランスを確認してみましょう。

手取りに対する家賃は25~30%が目安

家賃の額は、手取り月収に対して25~30%ほどが理想的です。まず、手取り月収とは、勤務先から支払われる給与から、厚生年金保険料や雇用保料、健康保険料、源泉徴収額、所得税、住民税など、もろもろを天引きした後、実際に受け取る額のことを指します。 このような控除額の負担は、誰にとっても非常に大きいものです。独身であれば、30%程度を家賃に当てても、そこまで大きく生活を圧迫することにはなりませんが、家庭がある場合はさらに下げて、25%前後にしたほうが賢明です。また、実際の家賃が手取りの30%であっても、希望は20%前後に抑えたいという人は多いようです。生活水準を上げるのは簡単ですが、下げるとなると難しいので、最初は低く設定しておくことをおすすめします。

年収と家賃の理想的なバランス

年収と家賃の理想的なバランスは、年収に対して25%の家賃です。家賃だけで30%を超えてしまうと、家計を圧迫することになるので、なるべく安い物件を選ぶようにすると、生活に余裕をもたせることができます。リーマンショックが起こってから、サラリーマンの平均年収は下がり続けているということもあり、現代では「年収×0.25=年間家賃額年収」という計算式のもとに、家賃を決めるのが理想的です。年収が高くても、所得税によって手取りはかなり減ってしまうので、浪費は避けて25%以内にすることがおすすめです。また、5年後を想定し、5年先でも家賃が払えそうかを予測して、家賃を決めるようにするとさらに良いでしょう。

家族がいる場合の家賃の目安

養育中の子が1人いる場合、家賃は手取り月収の25%から、0.5~2.5万円程度引いた金額が目安になります。以下に具体的な数字を出してみましたので、参考にしてください。

・手取り月収17万円の場合

17万円×0.25-0.5~2.5万=4.2〜2.5万円

・手取り月収22万円の場合

22万円×0.25-0.5~2.5万=5〜3万円

・手取り月収30万円の場合

30万円×0.25-0.5~2.5万=7〜5万円

・手取り月収40万円の場合

40万円×0.25-0.5~2.5万=9.5〜7.5万円 少し前には、手取りの30%程度が家賃の目安といわれていましたが、現在、家族で手取りの30%の家に住むとなると、生活が苦しくなる可能性が高いでしょう。子どもがいると、大人の1人暮らしや2人暮らしとは異なり、教育費や進学が必要になるため、貯金に回す割合が増えます。そのため、家族がいる場合には、なるべく家賃は低く抑えたほうが苦しい思いをせずに済みます。

【1人暮らし】手取りの25%の家賃で生活した場合のシミュレーション

同じ1人暮らしであっても、手取り月収によって生活は変わってきます。この項では、15~30万円の金額別に、理想的な家賃割合と生活シミュレーションを紹介していきます。そのシミュレーションを見ながら、一度、自分の手取り月収に当てはめて考えてみてください。現在、1人暮らしをしている方は、自分の家賃や生活費と比較して、浪費をし過ぎていないか振り返ってみると良いでしょう。ぜひ、参考にして家賃や生活費を見直してみてください。

手取り15万円

手取り月収15万円に対し25%の家賃37,500円で生活した場合を想定し、具体的にシミュレーションしてみると、生活費の内訳は以下のようになります。

内訳金額
家賃37,500円
電気代5,000円
ガス代3,000円
水道代2,000円
通信費6,500円
食費40,000円
日用品5,000円
交通費5,000円
交際費10,000円
趣味・娯楽20,000円
貯金16,000円
合計150,000円

手取り15万円で、家賃が37,500円だと、あまり生活に余裕はありません。電気代は5,000円以内に収めなければならず、夏などエアコンをつけっぱなしにする季節は少し厳しいかもしれません。また、貯金も16,000円と少なく、ほかの出費がかさんだ時は、10,000円以下になってしまうことも考えられます。削れる生活費としては40,000円の食費です。水筒を持ち歩いたり、自炊をしたりして節約すれば20,000〜30,000円ほどに収まります。また、通信費も、格安スマホなどを使用すれば、多少は抑えることができます。しかし、それでも慶弔など急な出費に対応するのは、なかなか難しく、苦しい生活になりそうです。

手取り20万円

手取り月収 20万円に対し25%の家賃50,000円で生活した場合を想定し、具体的にシミュレーションしてみると、生活費の内訳は以下のようになります。

内訳金額
家賃50,000円
電気代5,000円
ガス代3,000円
水道代2,000円
通信費6,500円
食費40,000円
日用品5,000円
交通費5,000円
交際費10,000円
趣味・娯楽20,000円
貯金53,500円
合計200,000円

手取り20万円で家賃が50,000円の場合、生活はさほど苦しくありませんが、自由に使えるお金は少ないです。手取り15万円の場合と同じく、食費や通信費を削り、交際費や趣味・娯楽に当てれば多少は余裕がもてます。貯金に回すお金も53,000円となるので、急な出費があってもある程度は対応できます。

手取り25万円

手取り月収 25万円に対し25%の家賃62,500円で生活した場合を想定し、具体的にシミュレーションしてみると、生活費の内訳は以下のようになります。

内訳金額
家賃62,000円
電気代5,000円
ガス代3,000円
水道代2,000円
通信費6,500円
食費40,000円
日用品5,000円
交通費5,000円
交際費10,000円
趣味・娯楽20,000円
貯金91,000円
合計250,000円

手取り25万円で家賃が62,500円の場合、かなり余裕をもって生活することができます。貯金は91,000円と、これだけあれば保険代に回すお金も十分にあり、急な出費にも対応できます。ただし、1人暮らしであれば、食費は削ることができるので、工夫してやりくりしましょう。

手取り30万円

手取り月収 30万円に対し25%の家賃75,000円で生活した場合を想定し、具体的にシミュレーションしてみると、生活費の内訳は以下のようになります。

内訳金額
家賃75,000円
電気代5,000円
ガス代3,000円
水道代2,000円
通信費6,500円
食費40,000円
日用品5,000円
交通費5,000円
交際費10,000円
趣味・娯楽20,000円
貯金128,000円
合計300,000円

手取り30万円で家賃が75,000円の場合、貯金に回すお金も12万円以上あり、ゆとりをもった生活ができます。やりくりによっては交際費や交通費、趣味・娯楽に回すお金も増やすことができ、急な出費にも困らないでしょう。また、30万円以上の手取りであれば、家族で暮らすということもできるようになってくる金額です。

【2人暮らし】手取りの25%の家賃で生活した場合のシミュレーション

2人暮らしの場合、2人とも働いているか、どちらか1人だけが働いているのかによっても、生活の余裕が大きく変わります。次の項では、共働きで世帯年収550万円の場合、片働きで世帯年収450万円の場合に分けて理想的な家賃割合と生活シミュレーションを紹介していきます。現在2人暮らしをしている方や、これから2人暮らしをする予定がある方は、ぜひ参考にして、自分たちの生活に当てはめて考えてみてください。

共働き

年収550万円の25%(137.5万円)を12か月で割った115,000円を家賃として生活した場合を想定し、具体的なシミュレーションをしてみると生活費の内訳は以下のようになります。

内訳金額
家賃115,000円
電気代9,500円
ガス代3,500円
水道代5,000円
通信費12,000円
食費85,000円
日用品10,000円
交通費30,000円
交際費12,000円
趣味・娯楽35,000円
貯金128,000円
保険13,000円
合計458,000円

年収550万円で家賃が115,000円の場合、2人暮らしであっても十分に余裕をもって生活することが可能です。また、さらにここから電気代や食費を削ることができれば、より楽に生活することができるでしょう。貯金に回すお金もしっかりとあり、 慶弔などがあった場合にも困ることはありません。

共働きではない

年収450万円の25%(100万円)を12か月で割った金額83,000円を家賃として生活した場合を想定し、具体的なシミュレーションをしてみると生活費の内訳は以下のようになります。

内訳金額
家賃83,000円
電気代9,500円
ガス代3,500円
水道代5,000円
通信費12,000円
食費85,000円
日用品10,000円
交通費30,000円
交際費12,000円
趣味・娯楽35,000円
貯金77,000円
保険13,000円
合計375,000円

年収450万円で、家賃が83,000円の場合、貯金額は100,000円以下となってしまいますが、ある程度余裕のある生活が可能です。もう少し貯金額を増やしたい場合は、食費や電気代、通信費を削るとよいでしょう。

東京の家賃と手取りの割合

東京都内で1人暮らしをしている20代の場合、手取り月収のおよそ40%の家賃の部屋に住んでいる人の割合が多いです。都内23区の1人暮らし向けの物件の平均相場は、なんと7.5万円。手取りが24万円以上ないと、余裕をもって生活することはできず、それ以下の手取りでは、どうしても苦しい生活となってしまうでしょう。 東京都内の物件は高くなってしまうものですが、さまざまな理由から都内で暮らさなければいけないという場合には、家賃は削れないため、それ以外の固定費を削るなどの工夫が重要になってきます。家賃や光熱費などを合わせた基本的な生活費を手取りの2分の1以内に収めたり、格安スマホにのりかえたりするのも一つの手です。

まとめ

生活費のなかでも大きな割合を占める家賃。毎月の支出の中心であるので、きちんと計算して自分の収入にあった額に収めるようにしなければ、日々の生活が苦しくなることにもなりかねません。家計を同じくする人の有無や、養育中の子どもがいるかどうかによっても理想的な家賃は変わります。一度しっかりシミュレーションしてみることをおすすめします。