二人暮らしの光熱費の目安|料金を安くする節約術とは

二人暮らしの光熱費の目安

同棲やルームシェア、もしくは二人家族でマンションに住む場合、水道・電気・ガスの光熱費は平均的にいくらかかるものなのでしょうか。新生活を始める際は、毎月の生活費をあらかじめ計算しておくことが大切です。光熱費も、二人暮らしのときの平均金額がわかっていれば、予算も立てやすいでしょう。

そこで今回は、二人暮らしのときにかかる光熱費の目安を解説しながら、おすすめの節約術を紹介していきます。

二人暮らしの水道代の目安

まずは光熱費の一つ、水道代から目安の金額を見ていきましょう。

二人世帯の場合、水道代は毎月3,500~4,500円が目安といわれています。ただし、水道代は地域によって金額の設定が異なるため、場合によって変わることも覚えておきましょう。 例えば下水道が通っている地域は、水道代の内訳として上水道料金+下水道料金が請求されてきます。これに対して上水道のみの地域は下水道の料金がかからないため、料金は比較的安くなるのが特徴的です。ただ、上水道のみの場合は浄化槽を維持していくための料金が別でかかるため、下水道の料金がかからないからといって圧倒的に安いというわけではないのも事実です。水道代は、2か月に1回払うのが一般的です。

二人暮らしの電気代の目安

続いて、電気代について目安を見ていきましょう。

二人暮らしの世帯で毎月かかる電気代は、おおよそ月9,500円が目安となります。冷暖房を使う季節は料金が上がりやすく、春や秋などの過ごしやすい季節は料金も安くなりやすいのが特徴的です。

ちなみに電気代は、普段の使い方や生活スタイルによってプランの見直しをすることができます。例えば夜起きていることが多い世帯は、夜料金が安くなるプランに切り替えると、お得に使うことができるので非常に便利です。 また、電気はその他の節約術などでも節約しやすいのがよいところです。例えば長時間使うことの多いエアコンを使うときなどは、扇風機やサーキュレーターなどを一緒に使うと、空気の巡りがよくなり、結果としてその方が節約につながります。

二人暮らしのガス代の目安

最後に、ガス代の目安金額です。二人暮らししたときのガス代は、毎月4,500円程度が目安となります。

ガス代は使い方次第で、料金は月によって高くなってしまうことも多いため、節約するなら注意が必要です。

ガス代を節約するなら、例えばお風呂は時間を空けず、二人とも続けて済ませるなどの工夫があるとよいでしょう。その方が追い炊きしなくて済むからです。

また、調理法もやり方次第でガスの節約が可能です。例えば料理するときの火の強さは、強火よりも中火の方がガスを消費しないため、これも節約につながります。なるべくコンロは二つ使わず、同時に一つの鍋で調理するなどの工夫もよいでしょう。料理においては、煮るのは一番ガスを使うため、それよりも蒸すこと、さらにそれよりも炒めることを考えていくと、ガス代は安く済みます。

水道代を節約する方法

上では水道代の目安を紹介しましたが、その目安よりもはるかに料金が上回っている場合は、水道代の節約も積極的に考えた方がよいでしょう。

それでは、二人暮らしをするときに工夫できる、水道の節約術のポイントを解説していきます。

洗濯

洗濯は何十リットルもの水道を一気に使うため、非常に水の消費が激しいものです。そのため工夫次第ではかなりの節約ができます。洗濯をするときの節約のポイントは以下のとおりです。

まとめて洗って洗濯の回数を減らす

二人暮らしの場合は、毎日洗うのではなく、なるべくある程度まとめて洗うのがおすすめです。その方が手っ取り早く節水ができます。洗濯物はあえて溜めていき、洗濯機に入るぎりぎりのところまで溜まったら、洗濯するようにしてみましょう。

洋服を洗濯槽に入れる順番にも、節約のポイントがあります。ズボンなどの重いものは下にし、上にはなるべく靴下や下着などの軽いものを入れましょう。この入れ方の場合だと、洗濯機が回転しやすくなります。すると無駄な電気や水を使う必要がなくなり、節約につながります。

節水コースで洗う

洗濯機を回すときは、なるべく「節水コース」を選ぶとよいでしょう。汚れが目立つときは仕方がありませんが、そこまで汚れやにおいなどが気にならない場合は、普通のコースではなく節水コースでの洗濯でまったく問題はありません。もしくは「お急ぎコース」などでそもそも水を使う量を抑えるのもおすすめです。普通のコースと比べて明らかに水の消費が減るため、節約につながることが期待できます。

料理・食器洗い

続いて食器洗いや料理についての節約術を考えてみましょう。

食器洗いには水道代を節約できる余地がたくさんあるため、節約はだれでも簡単にやりやすいのがポイントです。やり方によっては、使用する水の量を大幅にカットすることもできるでしょう。

蛇口をシャワーにする

蛇口は通常のものより、シャワーになっているタイプのものがおすすめです。シャワーヘッドにすることで、場合によっては半分近くの節水につながることもあります。

性能のよいシャワーヘッドの場合は、しっかり水の勢いもあったうえで節水もしてくれるため、食器洗いをする際に困ることもないでしょう。節水効果の高いシャワーヘッドはホームセンターなどで購入できるので、二人暮らしを始めるなら早いうちに手に入れて設置しておきましょう。

食器洗浄機で洗う

食器洗浄機で洗うことも、実は節水につながるので、導入を検討してもよいでしょう。

一般的に食器洗浄機は、水を中で循環させながら使うため、手洗いするよりも使う水が少なくなるのです。そのため食器洗浄機を使うと、手洗いの10%近くの量の水で食器洗いを済ませることができます。最初の導入コストは高くつきますが、長い目で見れば、食器洗浄機を使った方が断然お得です。

また、もし食器洗浄機の電気代が気になるようであれば、食器を洗った後の乾燥機能は使わないようにするなどの工夫をするとよいでしょう。

風呂・シャワ ー

お風呂やシャワーも、使用する水の量は非常に多いものです。そのためお風呂やシャワーも節約できるポイントはたくさんあるため、できることを確認しておくようにしましょう。

シャワーをこまめに止める

シャワーは出しっぱなしにしないことをまず心がけましょう。1分で12リットルもの水を使うシャワーは、出しっぱなしにしていると、相当な量の水を無駄にすることになります。

無駄遣いしないためにも、シャワーはこまめに止めて使うのが賢明です。体や頭を洗っているときは出しっぱなしにせずに止める、それ以外も不要なときは出さないなどのことを心がけておくと、毎月シャワーで使用する水の量を大幅に抑えることができます。

節水シャワーヘッドを使用する

シャワーは節水効果のあるシャワーヘッドに交換するのもおすすめです。

もともとのシャワーヘッドでは、節水効果がどの程度あるものなのかわからないことでしょう。ホームセンターなどでシャワーヘッドを購入して付け替えれば、節水効果をかなり期待できます。シャワーヘッドを付け替えて節約すれば、年間5,000円以上もの水道代を節約することが可能です。節水シャワーヘッドにしたからといって、水の勢いが弱くなることは基本的にないため、用意できるならしておいた方が断然お得でしょう。ホームセンターの節水グッズのコーナーを覗いてみて、気になるものがあれば利用してみることが大切です。参考まで、節水シャワーヘッドの価格は安いものなら3000円程度、性能のよいものなら2万円ほどです。

残り湯を再利用する

お風呂の残り湯は、なるべく洗濯などで再利用しましょう。そのまま捨てるのはもったいないので、出して溜めておいた水なら使い道はあるはずです。実際、毎日お風呂の水を使って、洗濯をしている家庭は非常に多いです。

浴槽に張った水なら、水量としては200~300リットルにも及びます。もちろん浴槽のサイズにもよりますが、年間で考えれば相当な額の水道代を節約できるでしょう。

水の流しっぱなしに注意する

水道代の節約を意識するなら、日常的に水の出しっぱなしには注意すべきです。手や顔を洗うとき、料理するとき、掃除するときなど、水は日常のあらゆるシーンで使いますが、使うたびに水を出しっぱなしにしてしまう人は多いかもしれません。必要ないときは水を止めて、節水を心がけましょう。

水は出しっぱなしで使うことによって、1時間あたり150円ほどの水道代がかかります。これが1週間も続けば、水道代は2万円以上に達してしまうため、水の出しっぱなしは節約の大敵です。

まとめ

二人暮らしする際は、水道代・電気代・ガス代の光熱費の目安は知っておきたいものです。料金の目安を知っておけば、使いすぎなのかどうかの判断もしやすいでしょう。

光熱費を安く抑えるためには、やはり日々の節約が一番です。水は、洗濯や食器洗い、お風呂などの際の、使い方次第でかなり使用する量を抑えられます。ぜひ節水のポイントを意識し、水道の消費は少しでも減らしていきましょう。