一人暮らし6畳の部屋を広く見せるレイアウト術!家具やインテリアの選び方がポイント

一人暮らし6畳の部屋を広く見せるレイアウト術

一人暮らしをするために6畳の部屋を検討している反面、部屋が狭いのではないかとお悩みの方は多いでしょう。たしかに、6畳の部屋と聞くと狭いというイメージが強く残り、家具を置けないのではないかと不安になってしまうものです。特に初めて一人暮らしをする方にとっては、6畳の部屋で満足いく生活ができるか心配に思うかもしれません。かと言って、6畳より広い部屋だと家賃が高くなったり、駅から遠くなったりすることも・・・。そこで、この記事では6畳の部屋の悩みをすべて解決することができるレイアウト術や、おしゃれに部屋をスッキリさせる収納テクニックをご紹介します。これから6畳の部屋に一人暮らしをしようと考えている方は、ぜひご一読ください。

一人暮らしで6畳の部屋は狭い?

そもそも6畳といわれても、具体的にどれくらいの広さなのかをイメージすることは、難しいでしょう。さらに、「ワンルームの物件」と「1Kの物件」では、同じ6畳でも実際に使える広さは違います。それでは、まず6畳の具体的な広さと、6畳ワンルームと6畳1Kの違いについて解説します。

6畳とはどのくらいの広さ?

1畳の大きさは不動産取引協議会によって、1.62㎡以上と定められています。ただし、畳には地域差があり、京間、中京間、江戸間、団地間といったように1畳あたりの大きさは変わります。この不動産取引協議会が示す1.62㎡は中京間(1.6562㎡)が近いといえるでしょう。不動産会社では、畳の枚数によって部屋の広さを示している場合もあるため、6畳の部屋は8.67〜10.9443㎡と広さに幅があると覚えておきましょう。

6畳ワンルームと6畳1Kとは違う

一言で6畳とはいっても、6畳ワンルームと6畳1Kでは部屋の大きさは違います。6畳ワンルームでは、部屋とキッチンの仕切りがなく6畳の中に玄関やキッチンが含まれているため、実際に使えるスペースは6畳よりも狭くなります。これに対して、6畳1Kでは、6畳の部屋とは別にキッチンと玄関があるため、6畳1Kでは6畳をまるまる部屋として使うことができるのです。

次に6畳1Kを基準にしたレイアウト術や収納テクニックを紹介していきます。

6畳の部屋を広く見せるレイアウト術

6畳の部屋に家具やインテリアを置くと、どうしても狭く感じてしまいます。しかし、レイアウトを上手に行うと6畳の部屋でも広く見せることが可能です。

家具やインテリアは大きなものから配置していく

レイアウトの基本は、家具やインテリアを大きなものから配置していくことです。生活に最低限必要なものは、基本的に大きなものがほとんどです。そのため、大きなものから配置することで生活の動線が決められるため、他の家具の配置を決めやすくなります。

  • ベッド
  • テレビ&テレビ台
  • 収納

このような大きな家具から配置していくとよいでしょう。特にベッドは家具のなかでも大きいため、初めに配置することが望ましいです。特に窓やクローゼットのドアを開けられるように気をつけながら配置を考えましょう。

6畳の部屋では、テレビやテレビ台はベッドの対面に置くことがベターです。ベッドに寝そべったり、ベッドにもたれかかったりしながらテレビを見ることで、ベッドをソファー代わりにしてものを増やさずに済みます。

そして、収納など背の高い家具は、部屋の入口近くに配置するようにしましょう。部屋の入口近くに背の高い家具を配置することによって、視界に家具が入りにくくなるため、部屋を広く見せることができます。

手前を高く・奥に低いものを配置し遠近法を利用する

家具を配置するときに、部屋の入口に近いところに背の高い家具、遠いところに背の低い家具を配置することで、遠近法で部屋を広く見せることができます。入口側から順に、大きい家具から小さい家具を置くことで人の視線を遮ることなく、奥行きのある空間を演出できるのです。

カラーボックスや本棚などの背の高い家具は、入口近くに置いて遠近法を意識してみましょう。また、入口の正面の壁に奥行きのある絵を飾ることで、さらに部屋を広く見せる効果もあります。

床を見せるインテリアとレイアウトを心がける

部屋を広く見せるには、床を見せることを意識してインテリアを選んだり、配置したりすることがポイントです。生活の導線上の床を見せたり、足元の抜けたデザインの家具を選んだりすることで、生活動線を広く見せることができ、部屋が広く感じられるからです。たとえば、部屋にローテーブルを置くときには足のないものよりも、四つ脚のローテーブルを選ぶことで、床を大きく見せることができるため、部屋がより広く感じられます。このように6畳の部屋を広く見せたい場合には、床を見せることを心がけましょう。

照明で空間に広がりを出す

光のグラデーションなど、照明を工夫するだけでも部屋を広く見せることができます。たとえば、部屋の対角を照らすと部屋の隅が周囲よりも明るくなるため、部屋の角に視線が向かうため部屋を広く見せることができます。また、照明の他にも大きな鏡などを置くことで、部屋に奥行きが演出され、部屋を広く見せることができるのでおすすめです。

6畳の部屋を広く見せる家具やインテリアの選び方

ここまで部屋を広く見せるレイアウト術を紹介してきましたが、部屋を広く見せるためには家具選びやインテリア選びの段階が一番重要です。

  • 家具やインテリアの色味を統一する
  • 低い家具やインテリアを揃える
  • 部屋に合った家具やインテリアのサイズを選ぶ

この三つのポイントを意識することで、レイアウトも行いやすくなり、部屋を広く見せやすくなります。

家具やインテリアの色味を統一する

家具やインテリアを選ぶときには、色味を統一することを意識しましょう。

使う色を3色程度に抑えて統一感を持たせることで、部屋がスッキリとした印象となります。特に白やパステルカラーなどの明るい色は膨張色と呼ばれ、部屋を広く見せることができます。

反対に黒やネイビーなどの収縮色は、部屋を小さく見せてしまいます。広い部屋であれば問題ありませんが、6畳の部屋では、黒やネイビーはアクセント程度に使うことをおすすめします。また木目調の家具を選ぶときには木の色を統一するように意識しましょう。

低い家具やインテリアを揃える

背の低い家具やインテリアを揃えるということも、家具選びのポイントです。

背の低い家具を揃えることで、壁が見える範囲が広くなり部屋を大きく見せることができるのです。反対に背の高い家具が多くなってしまうと、壁が隠れてしまい圧迫感を与えてしまいます。そのため、6畳などの決して広いとはいえない部屋では、背の低い家具を揃えることが部屋を広く見せるコツです。

最近では、超ロータイプの家具なども販売されているので、それらを取り入れてみるのもよいでしょう。

部屋に合った家具やインテリアのサイズを選ぶ

あなたの部屋に合ったサイズの家具やインテリアを選ぶということも、部屋を広く見せるには大切なポイントです。

部屋に対して家具やインテリアの面積を30%程度にすると、部屋を広く見せることができます。6畳の部屋の場合は、家具を2畳程度に収めると、床を適度に見せられるため部屋を広く見せられるのです。

また6畳の部屋の場合は、テレビのサイズに悩む方も多いです。6畳の部屋であれば28インチか32インチがおすすめですが、テレビの大きさによって適切な視聴距離があります。

たとえば、24〜32インチのテレビであれば適正な視聴距離は次のとおりです。

  • 24・26インチ=約1m
  • 28・32インチ=約1.2m

このように、部屋の大きさに合わせたサイズの家具選びが重要なため、テレビを選ぶときには視聴距離が取れるサイズを選ぶようにしましょう。

おしゃれに見せるには収納テクニックを活かして部屋をスッキリさせること

部屋をおしゃれに見せるには、部屋をスッキリさせることが大切です。

そのためにも収納テクニックを活かしましょう。特に部屋の中にものがごちゃごちゃしていると、部屋が狭く見えてしまい、おしゃれどころではありません。

そこでこの章では、部屋をおしゃれに見せる収納テクニックを紹介します。

既存の収納以外にも収納スペースはある

部屋をスッキリさせるためには、既存の収納スペース以外の場所も活用しましょう。

例えば、部屋の中にある収納以外にも、キッチンのシンク下や洗面台の下なども立派な収納スペースです。部屋の中以外のスペースが空いている場合には、そのスペースを収納として活用することで、部屋にあった余計なものをスッキリと片付けることができます。また玄関や部屋の入口などの死角に、突っ張り棒を用いて収納スペースを作れるので、ぜひ実践してみてください。

見せる収納を行う

収納が少ない場合には、見せる収納をすることも一つの手です。

あえて見せる収納をすることで、ショップのようにおしゃれな雰囲気を演出できます。服をスチールラックにたたんで収納することや、靴を吊り下げて収納することで見せる収納ができます。

服をハンガーにかけて収納したり、靴を下においていたりすると、どうしても場所や面積を取ってしまいます。そのため、見せる収納をする方がコンパクト見せる収納を行うに収納ができるケースもあるのです。

また、階段のような見た目のラダーシェルフや、好きな場所に柱や棚を取り付けられるディアウォールなどを使って、アートのように収納をすることもおすすめです。

まとめ

今回は一人暮らしで6畳の部屋に住む場合のポイントについて解説しました。

  • 部屋を広く見せるレイアウト術
  • 部屋に合った家具やインテリア選び
  • 部屋をおしゃれに見せる収納テクニック

6畳の部屋は決して広いとはいえませんが、家具の配置や収納を工夫することで部屋を広く見せたり、おしゃれに見せたりすることができます。これから6畳の部屋で一人暮らしを考えていらっしゃる方、またはすでにお住まいの方も、この記事でご紹介したポイントを意識しながら素敵なあなただけのお部屋作りにチャレンジしてみてください。