一人暮らしにガスコンロは必要か|種類についてと選び方のポイントを紹介

一人暮らしにガスコンロは必要か

一人暮らしをするとき、ガスコンロを買うべきかどうか悩む人も多いことでしょう。どの程度自炊をするかにもよって、必要性は変わってきます。また、もし必要となった場合、どんなガスコンロを買うべきか、意外とよくわからないという人は多いのではないでしょうか。 そこで今回は、一人暮らしにおけるガスコンロの必要性について解説するとともに、ガスコンロの種類や選び方についても紹介していきます。

一人暮らしにガスコンロは必要なのか

まず、一人暮らしする際に、ガスコンロは必要なのかという点について考えてみましょう。 実家を出て一人暮らしを始める人は、キッチン周りは実家のイメージが強いものです。そうなると、ガスコンロは当然買うべきものと考える人は多いでしょう。しかし実際のところ、ガスコンロを買うべきかどうかは、ケースバイケースです。一人暮らしでガスコンロがいる場合といらない場合、両方のパターンについて詳しく解説していきます。

ガスコンロが必要な場合

ガスコンロが必要なのは、基本的に自炊をする場合です。自分で料理をしてご飯を作る人は、ガスコンロがなければまともな料理ができません。一人暮らしをするときに自炊して生活する予定の人は、ガスコンロの購入を考慮に入れると良いでしょう。

ちなみに自炊をしない人でも、ケトルや電気ポットを買わない場合はガスコンロが必要になります。ガス以外にお湯を沸かす手段がない場合には、ガスコンロの火を使ってお湯を沸騰させることになるのです。

ガスコンロがいらない場合

逆に自炊しない人は、基本的にガスコンロをキッチンに用意する必要はありません。ガスコンロがなくても、ケトル、電気ポット、電子レンジ等の家電があれば、食事の際に困ることはないでしょう。 コンビニやスーパーでお弁当を買ってきて食べるなら、電子レンジがあれば事足ります。お湯を沸かすのはケトルやポットで問題ありません。また、レトルト食品を温めるときも電子レンジを使うため、自炊しない場合、ガスコンロは不要になります。

ガスコンロの種類

ガスコンロを購入するときは、コンロの種類の違いに気をつけたいところです。ガスコンロには、4種類があります。 特徴や使用するときの注意点、おすすめの人などはそれぞれ異なるため、購入する前はこの違いをしっかり理解しておきましょう。また、ガスコンロの他にも、IHを使用するという手もあるため、IHもあわせて選択肢に入れておくのがおすすめです。

一口コンロ

まず一つ目は、一口コンロです。一口コンロとは、火を使える場所が一つだけ設置されているシンプルなコンロのことです。一人暮らしの人は、一度に複数のコンロを使うことがあまりないため、この一口コンロを購入することが多いです。基本的には、一人暮らしの場合は一口コンロで十分でしょう。一口コンロの不便なところは、やはりコンロが一つしかないところです。例えばお湯を沸かしながら片方のコンロで料理をするということができなくなるため、料理にこだわりがある人にとってはデメリットとなるでしょう。

二口コンロ

二口コンロは、一口コンロと違って、火が使える場所が二つあるコンロのことです。こだわって料理をする人、毎日のように自炊をする人は、やはり二口コンロの方がストレスなく使うことができます。

二つのコンロを並行して使えるため、同時に2品の料理ができるのは大きな利点となります。自炊の幅が広がり、料理をする楽しみも増えるでしょう。 しかし一人暮らし用のワンルームマンションなどの場合は、キッチンそのものが狭いことが多いです。そのため二口コンロを置こうとしても狭くて置けない可能性があります。一人暮らしで二口コンロを購入する際は、置けるかどうかをよく確認しておきましょう。

都市ガス

そもそも契約しているガスの種類を把握しておかないと、ガスコンロの設置はできません。契約しているガスの種類は、契約書等で確認しておきましょう。

ちなみにガスの種類は、都市部であれば大抵の場合が都市ガスです。都市ガスはゴムホースが薄いピンク色をしているため、この色で見分けることもできます。 また、ガスの開栓手続きの際に、担当業者さんにガスの種類を直接聞くのもおすすめです。大家さんや不動産会社とすぐに連絡が取れるなら、そちらに聞いても問題ありません。

プロパンガス

最近は多くの物件が都市ガスになっていますが、地方はまだまだプロパンガスのところもたくさんあります。プロパンガスは都市ガスよりも少し価格が高く、プロパンガスの物件に住むと、ガス代の高さに悩まされることも多いと言います。 ちなみにプロパンガスは、ゴムホースがオレンジ色になっています。どうしても見分け方がよくわからなかったら、地域のガス会社などに問い合わせて聞いてみると良いでしょう。

ガスコンロの設置は業者に依頼

ガスコンロは簡単に設置できると安易に考える方もいることでしょう。 しかしガスコンロを自分で設置することはリスクも大きく、知識のない状態でやるのは大変危険です。ガス漏れを起こす恐れも出てくるため、ガスコンロの設置はなるべく業者に頼むようにしましょう。一番手っ取り早いのは、あらかじめガスコンロを購入しておき、ガスの開栓作業で業者が家に来た際に、そのままガスコンロの設置を頼んでしまうことです。

ガスコンロの選び方のポイント

ガスコンロを選ぶときは、以下で紹介する4つのポイントを理解しておきましょう。 自分の目的や生活スタイルに合わせたガスコンロを選ぶのはもちろんのこと、サイズやガスの種類が合っているかどうかも大事なポイントになります。種類が合わなかったり、サイズがはみ出てしまったりするようでは、返品・交換してもらうなどの対応に追われてとても大変です。ガスコンロを選ぶときは、以下の点に注意してください。

設置場所のサイズに合わせる

ガスコンロの設置場所は、キッチンにそもそも用意されている場合が多いです。シンクの横などに、大きく溝になっているスペースがあれば、それがガスコンロの設置場所です。 そのスペースにぴったり合うサイズをサイズのガスコンロを探して設置すると、収まりが良く、余った部分のデッドスペースにホコリが溜まることなどに悩まされることがありません。また、横60cm×奥行き55cmであれば二口コンロの設置が可能です。

ガスの種類によって選ぶ

ガスの種類によって、選ぶべきガスコンロも変わってきます。都市ガスかプロパンガスかによって、そもそも設置できるガスコンロが変わるからです。都市ガスは都市ガスの、プロパンガスはプロパンガスのガスコンロを設置することになります。

また、都市ガスの中でも13Aと12Aの2種類があり、これは熱量の違いを示します。ただ、基本的にはどちらでも使用可能なガスコンロが多いため、熱量に関してはそこまで気にする必要はありません。念のため把握しておくということです。

機能面で選ぶ

高性能なガスコンロには、さまざまな機能が搭載されています。グリルでの水の有無や両面焼きか片面焼きかを選択できたり、自動消火機能がついていたりなど、便利なものは非常に重宝します。こだわって自炊したい人にとっては、機能面で選ぶことも忘れないでおきたいところです。 便利機能が豊富についているガスコンロは、シンプルな設計ではない以上価格も高いですが、毎日の料理を楽にしてくれる・楽しませてくれる価値は十分にあるでしょう。

掃除のしやすさで選ぶ

掃除のしやすさを選ぶなら、IHコンロを選ぶのが一番です。IHコンロにはほとんど凸凹がないため、汚れが溜まりづらいというメリットがあります。できるだけ凸凹の少ないIHコンロを選ぶようにしましょう。IHコンロなら、汚れをサッとふき取るだけで掃除が完了しますが、ガスコンロは凸凹しているためふき取りにくいのが特徴です。

きれい好きでコンロ周りの汚れがいつも気になる人、毎日の掃除を少しでも簡単にしたい人は、ガスコンロよりもIHコンロの方が最適です。

まとめ

一人暮らしで自炊する人には、ガスコンロが必要になります。まずは自炊をする予定があるのかどうかを考えて、ガスコンロを購入するかどうか決めるようにしましょう。そしてガスコンロを設置する際は、なるべく業者に頼むようにしてください。設置できるサイズ、ガスの種類をしっかり把握し、選び方のポイントを押さえたうえでガスコンロを選択すると良いでしょう。