【賃貸】内見の流れと失敗しないためのコツと知っておくべきチェックポイント

【賃貸】内見の流れと失敗しないためのコツと知っておくべきチェックポイント

新しく住むマンションやアパートを探す際は、多くの人が内見をしたうえで契約するかどうかを決めています。

内見は実際に部屋を見に行くチャンスなので、部屋の中はもちろんのこと、周囲の環境もあわせてチェックしておくことができます。内見するまでに、何をチェックすべきなのか、あらかじめ整理しておくことはとても大切なことです。 そこで、今回は内見の流れを解説しながら、失敗しないためのコツを紹介していきます。

まずは内見の流れを知ろう

それでは、マンションやアパートの内見はどのような流れで行われるのでしょうか。まず、内見の流れを整理しましょう。

1.不動産の店舗や待ち合わせ場所に向かう

まずは不動産会社の店舗や指定の待ち合わせ場所に向かいます。当然ですが、内見は自分で勝手にすることはできないので、不動産会社の担当者をとおして行われます。

2.住みたい条件を担当に伝える

不動産会社を訪ねたら、最初に住みたい条件や希望を伝えると、ちょうどよさそうな物件の案内がいくつかあります。この案内で、よい物件があれば、実際の物件の内見に行くことになります。ちなみに内見をしたい候補がいくつかあれば、複数の物件を一度に行うこともできます。

3.担当者と現地に向かう

不動産会社の担当者が案内をするかたちで、実際に住みたい物件に足を運びます。

4.物件の確認(内観・外観)

現地に着いたら、いよいよ物件の内観・外観を見ることができます。このとき気になることがあったときは、担当者に遠慮することなく、どんなことでも質問することが大切です。

5.気に入ったら契約手続きに進む

内見に行った結果、その物件が気に入れば、すぐにでも契約手続きにすすむことができます。例えば内見で「ここにします」と答えを出せば、不動産会社に戻り、契約の手続きを行うという流れになります。

内見時にあったほうがよい持ち物リスト

内見のときは、しっかり物件をチェックしておく・記憶しておくためにも、以下のようなものを持っていくとよいでしょう。

☑メジャー

☑スマホ、またはカメラ

☑筆記用具

☑メモ用紙

☑図面

☑スリッパ

メジャーは、あらゆる場所のサイズを測るうえで非常に役立ちます。例えば内見のときを利用して、購入予定の家具や現住所から運ぶ予定の家具が置けるかどうか、置く場所のサイズを測ることができます。これによって、サイズを間違えるなどのトラブルは回避できるでしょう。

気になったことを書き留めておくための筆記用具、物件の写真を撮っておくためのスマホやカメラも大事です。特に複数の物件を一度に見に行くときは、部屋の中を写真に残しておくことをおすすめします。そうすることで、記憶にも残りやすくなります。図面とスリッパについては、不動産会社の担当者が持参することが多いです。

【内観・外観】内見でチェックすべきポイント

内見の際には、部屋の状態、構造、広さの印象などを実際に見て確かめることができます。ネットで写真やVRを見て物件を確かめることもできますが、やはり写真を見るのと実際に現地に行くのでは、印象がまったく違います。意外と条件がよかったというときもあれば、意外と条件が悪くて気に入らなかったというときもあるでしょう。しかし、内見希望物件には繰り返し何度も自由に足を運べるわけではありません。せっかくのこの内見のチャンスを無駄にしないよう、確かめるべき点や見ておくところはあらかじめ認識しておいたほうがよいでしょう。

内観・外観ともに見ておくべきポイントはたくさんあります。それでは、次にそんな内見の際に、チェックしておくべきポイントを解説していきましょう。

日当たり

まず見ておくべきは、日当たりのよさでしょう。

例えば南向きで日当たり良好と書かれていても、実際には目の前に建物があって、ほとんど日が差さない部屋もあります。逆に、大きな建物がある物件でも、一部の部屋はちょうど隙間から明かりがよく差し込むようになっていて、意外と日当たりがよい場合もあります。 また、南向き以外の物件はどの程度日当たりが悪そうなのか、状態をよく見ておきましょう。例えば東向きの物件なら、午前中に洗濯物を干す分には十分日が当たることも多いです。

携帯電話の電波状況

物件の場所によっては、携帯電話の電波状況が悪いところもあります。大きい建物がそばにあると電波を遮る原因になってしまうなどのトラブルは意外と多いです。建物の構造や、部屋の位置なども関係してきます。電波が伝わりにくいと、日常的にストレスに感じられることは多くなります。後で後悔しないためにも、携帯のアンテナはしっかり立っているか内見のときによくチェックしておきましょう。

セキュリティ

物件のセキュリティの充実度も大事なポイントです。

特に女性で一人暮らしをする場合は、セキュリティ管理が徹底された物件に住むことが一番です。オートロック、防犯カメラ、塀の高さ、カメラ付きインターホンなど、安心して暮らせそうなポイントが充実しているかどうかをよく確認しておきましょう。

内観・外観の汚れ、傷

比較的築年数の経っていない新しい物件でも、部屋によっては状態があまりよくないこともあります。意外と外観や部屋の汚れや傷は、内見に行かないとわからないものです。

また、それぞれの部屋の利用状況によるカビ臭さの有無や、部屋についた臭いの有無など、汚れや傷に関する点も合わせて、くまなくチェックしておきましょう。

水回りの水圧

水回りの水圧の確認も大切です。シャワーやキッチンの蛇口の水圧が弱いと、使うたびにストレスを感じて日常の生活が大変です。

確認するコツとしては、シャワーヘッドの新しさをチェックすることです。比較的新しいタイプのシャワーヘッドや蛇口であれば、水圧が弱いなどのトラブルはほとんどないでしょう。また、水圧について今までトラブルはなかったかどうか、担当者に確認することも忘れずにしておきましょう。

コンセント・TV端子

内見のときは、コンセントやTV端子の位置についても確認しておくことをおすすめします。

コンセントがどこにあるかによって、家具・家電の配置はある程度決まってしまうからです。レイアウトにこだわりがあるなら、なおさら確認は怠らないでおきたいところでしょう。また、物件によっては、コンセントの数がかなり少ないところもあります。実際の生活をイメージしながら不便に感じないかどうか、よく考えましょう。

収納スペース

収納スペースの場所、数、広さ、実際の使いやすさなどにも注目しておきましょう。

収納スペースがあまりにも狭かったり、数が少なかったりすると、住んでから収納に困ることが目に見えています。そのせいで収納家具の購入の必要に迫られる可能性もあります。後になって不便さを感じないように気をつけましょう。

ベランダ

ベランダの使いやすさ、広さなどもしっかりチェックしておくことが大切です。

洗濯物は干しやすいベランダか、防犯性が高そうな構造をしているかなど、意外とベランダについても見ておくべきポイントはたくさんあります。特にベランダの近くに塀や室外機などがあると、侵入の助けになってしまう可能性があるため要注意です。

近隣の騒音・部屋の防音状況

防音状況や近隣の騒音についても、内見のときは確認しておきたいところです。

内見の短い間でも、外から往来の騒がしい音が聞こえてきた場合は、日常的に外からの音が気になりやすい物件であることが考えられます。また、近隣の家をざっと見て、小さな子どもがいる居住者が近所にあるかどうかも確かめておきましょう。

【周辺情報】内見でチェックすべきポイント

内見のときにチェックすべきことは、内観・外観以外にもあります。それは周辺の環境です。

周辺の環境が充実しているかどうかは、暮らしやすさに直接関わってきます。どれだけ物件自体の条件がよくて、ぜひ住みたいと思えるようなところでも、周辺環境の条件が悪ければ、印象は台無しになってしまいます。内見のときは、そんな周辺の情報を集めるちょうどよい機会です。どれだけ便利に暮らせるところなのか、そして何が不便になりそうなのかなど、内見の際にはよく確認しておきましょう。

コンビニやスーパーまでの距離

コンビニやスーパーが近くにあれば、日々の買い物で困ることはないでしょう。

ちなみに、栄えている地域ならスーパーやコンビニも近くにあるだろうと思いこみがちですが、意外と周囲を見てみると、他の商業施設はあるのにコンビニやスーパーだけはなぜかないということもなかにはあるため注意が必要です。

通勤・通学に利用する交通手段

アクセスのよさももちろん大事なポイントです。

駅は近くにあるか、その最寄りの駅にはメジャーな路線が通っているか、車で大通りに出やすい地域かなど、交通手段に関して確認すべき周辺情報はたくさんあります。そこから通勤・通学することをイメージして、利便性は高いかどうかをよくチェックしておきましょう。

周辺の治安状況

物件の周辺の治安状況についても目を光らせておきましょう。 例えば人通りがあって安心できそうな地域でも、場所が繁華街に近ければ治安自体はあまりよくないことも多いです。また、行ってみた結果、なんとなく空気的に受け入れられなさそうな印象を受けた場合は、我慢せずに断っておいたほうがあとになって後悔せずに済みます。

防犯面を確認

周辺の環境を見るときは、やはり防犯面で安心できるかどうかも見ておきたいところです。

なるべく安心度の高さは、昼と夜の両方チェックしたほうが良いでしょう。昼はどんな場所でも明るく見えることが多いですが、夜になると景色が一変し、人通りがまったくなくなってしまう地域も少なくありません。街灯の多さなどにも注目しておきましょう。

公共施設までの距離

病院や市役所、交番など、公共施設が周辺にあれば生活の利便性は上がります。

例えば普段から病院に通うことが多い人などは、この公共施設までの距離を優先条件として物件探しをするのもよいでしょう。また、小さな子どもがいる家庭では、やはり公共施設は近くにあったほうが育児にも役立ちます。

まとめ

内見は、本当にこの物件でよいのかをしっかり確かめに行く下見のようなものです。実際に現地を訪れれば、暮らしやすさなどさまざまなことが見えてきます。新しく物件を探す際は内見をして、本当に快適に暮らせる家なのかどうかをよくチェックしましょう。その際に大事なのは、あらかじめチェックポイントを心得ておくことです。あとになって確認するのを忘れていたとならないよう、自分が重視していることを中心に、確認すべきポイントはしっかり押さえておきましょう。内見の際には、内観・外観のみならず、周辺環境についてもチェックは欠かさず行ってください。